※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2009-10-31

JDK_6u16+Android_SDK_r3+Eclipse_3.5.1からのADT=>世界コンチワ設定。#win7 2009_10_31_[SAT]



2009_10_31_[SAT]






コンデンサ不良でおなじみDELL OPTIPLEX GX280≪PX8400GS TDH 256M≫PEN4-3.4GHz+2G

そういったいきさつからか中古市場で 31000ゼニーというハイパフォーマンスで売られているPCにXPで運用していたのだが

諸事情でWIN7を入れようかと思い。

クリーンインスト設定からの、忘れた時の自分用メモ。

WIN7のAndroid開発環境編



まぁ正解はココココを見ればいいわけだけど、

実は、あえて こういう再車輪系メモを作ると頭の中で順序立てて再構築するので言語的な二次元でなく 立体的なイメージングで覚えられたりと自分にメリットが多くあったりするんだよね。


---------------


--目次--
  1. JDK6をインスコ。
  2. Android SDKをDL
  3. EclipseをDL
  4. Eclipseを設定
  5. ADTのインスト
  6. ADTの設定
  7. AVDの作成
  8. Android-PJ作成
  9. RUN
  10. 世界コンチワ
-----------------------

  1. JDK6をインスコ。




    サイトから 10/31-09で最新のJDK_6u16をDL。

    デフォでインスコ。




  2. Android SDKをDL


    1. サイトから

      WIN用のandroid-sdk_r3-windows.zipをDL。



    2. 解凍して「C:\android」に置く。

    3. pathを 「C:\android\tools;」で通しておく。

    4. コマンドプロンプト≪CMD≫の
      C:\>emulator -version
      で通っているか確認。

      Android emulator version 1.12 (build_id ECLAIR-17704)





  3. EclipseをDL


    1. Pleiades (プレアデス) を配布している MergeDocの サイトから

      10/31-09で最新のFull All in One (JRE あり)Java版≪Eclipse 3.5.1 Galileo Windows 32bit ベース / Pleiades All in One 3.5.1.20090930 ≫

      pleiades-e3.5-java-jre_20090930.zipをDL。



    2. 解凍して「C:\eclipse」に置く。

    既に JDK や JRE がインストールされている場合でも、「JRE あり」版をお勧めします。 これは通常インストールされている JDK は環境変数のパス設定に依存し、JDK のパス設定は Oracle など (Oracle だけではない) に勝手に書き換えられる可能性があり、予期せぬ不具合を 引き起こす場合があります。eclipse/jre に配置すれば環境に左右されることはありません。 特にチーム開発では eclipse/jre を使用すると環境の統一が容易です

    らしいので「JRE あり」版推奨とのこと。




  4. Eclipseを設定


    1. eclipse.exe で起動。



    2. ワークスペース-->「C:\workspace」

    3. ヘルプ-->更新-->更新があれば再起動






  5. ADTのインスト


    1. ヘルプ-->新規ソフトウエアのインスト→追加

    2. 名前-->「android-ssl」

      ロケーション-->https://dl-ssl.google.com/android/eclipse/

      OKを押して追加すると作業対象に現れる。



    3. Developer Tools配下の【Android DDMS】【Android 開発ツール】 プラグインを選択しインスト-->再起動



    直接の場合は、Download the ADT から。

    チュートリアルによれば、 httpsのリポトジでコケる時は、 http://dl-ssl.google.com/android/eclipse/ でもいけるらしい。≪こけてないので未検証≫




  6. ADTの設定


    ADT(Android Development Tools)

    1. ウインドウ-->設定-->Android



    2. SDKロケーション-->参照-->「C:\android」

    3. 適用-->OK






  7. AVDの作成


    AVD (Android Virtual Devices)

    1. ウインドウ-->Android SDK and AVD Manager

    2. Installed packages-->UPdate ALL



    3. Available packages-->Install Selected-->Accepted All-->Install Accepted



    4. Virtual Devices-->新規作成



    5. Create New AVDを記入



      名前-->and01

      ターゲット-->Android 1.5-API Level 3

      SD Card-->64mb

      ハードウエア-->SD Card


    6. 最後にCreate AVD



    とりあえず、実機がコビアのSQ5なので。




  8. Android-PJ作成


    1. パッケージ・エクスプローラー-->右クリック-->新規-->Androidプロジェクト



      それか、 パッケージ・エクスプローラー-->右クリック-->新規-->プロジェクト-->ウイザードが出る -->Android-->Androidプロジェクト≪テストプロジェクトも選べる≫

      またはツールバーから直接-->Androidプロジェクト

    2. プロジェクト名-->hoge



      ビルド・ターゲット-->1.5-API Level 3

      アプリケーション名-->hoge01

      パッケジ名-->com.example

      Create Activity-->hoge01

      Min SDK Version-->3

      -->次へ-->完了



    • パッケージ名-->com.google.android.apps.mapsとか二階層以上。

    • gen-->配下のRクラスはリソースとの紐付け。

    • res-->配下にリソース配置でビルド時にRクラスが更新。

    • res/drawable-->イメージファイル

    • res/layout-->レイアウト定義のXMLファイル

    • res/values-->文字列定義のXMLファイル





  9. RUN


    1. 実行-->Androidアプリケーション-->AVD≪and01≫-->開始-->起動



    • Activityクラス-->自動生成される。

    • onCreateメソッド-->オーバーライドされてsuperクラスのonCreate≪super.onCreate≫と setContentViewを呼び出す。

    • setContentViewメソッド-->Rクラスのmainレイアウトを指定

    • 実行-->main.xmlのレイアウト定義とstrings.xmlの文字列定義を元に画面構成。





  10. 世界コンチワ


    1. 文字列表示の TextViewクラスをインポート。

      import android.widget.TextView;


    2. TextViewのインスタンス化

      TextView tv = new TextView(this);


    3. setTextで文字列をセット

      tv.setText("世界コンチワ");


    4. TextViewインスタンスをsetContentViewに設定

      setContentView(tv);




    • Android のUI-->「ビュー(Views)」と呼ばれるオブジェクト階層で構成

    • View-->UIレイアウト内で「ボタン」「画像」「テキストラベル」要素として使用するオブジェクト

    • TextView-->Viewクラスのテキストを処理するサブクラス。

    • Context-->システムへハンドルし「リソース解決」「データベース設定」「アクセス取得」などを提供する。ここではクラスコンストラクタを使用したTextViewのパラメーター。







━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-10-27

ナナナナー、ナナナナー、いきなり似ててゴメーン。まことにすいまメーン。 2009_10_27_[TUE]



2009_10_27_[TUE]



今日のオイチャンは、38歳近くにもなってサテンにてツレとお互いに似ている人間や動物をあげていく。

っていう女子高生みたいなチョっと痛い会話してて ツレから

「ホリオ≪オイチャンの事≫って【ジョイマン高木】に似てるよな。」 って言われた。

ナナナナー、ナナナナー?


------------------------------


マジでか?


ツレ曰く以前は、グラサンに丸坊主で「講談師の神田山陽師をイカツクし尚且つ下品にした感じ」だったそうだが



ちょっと前に、スモークの入ったメガネを割ってしまいサブの細い黒ぶちメガネを使っていて

オイチャン本人の知らない間にイカツイ【神田山陽】師から、関西弁【ジョイマン高木】さんに変貌していたようだ。



正直、似てないことは無い・・・。 という事は、

【ジャニーズ系】っていう認識でいいんだよね?

これからは少し【ジョイマン高木】さんを意識して胸をおっぴろげて服を着こなそうと思います。



---------------

◆M字シンクロ


たぶん少し髪が伸びM字剃り上げ部分がツレにオイチャンと 【ジョイマン高木】さんと結び付けざるをえなかったのだろう。

もちろん、オイチャンは関西人DNAが濃く反映している人なので、その程度のツレのフリに対して ひるむわけなく

とっさに飲みかけのグラスを片手に 「アイスコーヒーでアイすいまメーン」 と腕の振り付きで素早く対応しオイチャンのポテンシャルの高さを見せ付けてやった。

その後の誤算は、当然、大ウケして サテンを出るまで【ゆるラップ】でノリ続ける事になった。

♪38歳ひと目でヒトリ身、ガテン派遣をはっけーん、 まことにすいまメーン。

ララララー、ララララー

嗚呼、ヒトリ身って秋風が沁みるよね。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-10-24

日経ソフト「簡単10分PGレシピ」をScanSnap S1500でやると検索も簡単やで! 2009_10_24_[SAT]



2009_10_24_[SAT]






ドキュメントスキャナーのScanSnap S1500。

以前からあるのは知っていたけども、値段的に裁断機とを合わせると10マンゼニー近くするのでグッと我慢していたのだが

「やねうらお」さんのブログを見て物欲限界になり「ScanSnap S1500」の楽2セットと裁断機PK-513Lに1TのHDDを買ってもうたで!

なので必然的に 金が無く赤いNetwalkerは買えなくなった。

無念。

で、早速使ってみたんだけども、思った以上にScanSnap S1500は、コツとか掴むまでは時間が掛かりそう。 単行本はスムーズだけど雑誌は結構スキャンに手間取る。

考えていた以上に時間を費やしそうだから、パターンを掴んだ後は時間を見ながら効率よくデータ化していく予定。

あと初日から、裁断機PK-513Lに定規を突っ込んだまま切断して刃がーーーー。 初日で刃が・・・あほすぎる。 泣きそう。

とりあえず、最初に使ってみて慣れると言うかコツを掴むまで色々試してみる 自分用メモ。


---------------


--目次--
  1. まずは、スキャン用の素材。
  2. 裁断機で背表紙から5mmほどカット。
  3. スキャンを掛けてPDFにします。
  4. 検索可能なPDFに加工。
-----------------------

  1. まずは、スキャン用の素材




    今回は日経ソフト2009年12月号の付録。

    変形A4サイズの「完全保存版!かんたん10分PGレシピ」約60ページを本当に 完全保存してみたい。




  2. 裁断機で背表紙から5mmほどカット




    裁断機PK-513Lで切り落とします。

    枚数が多いものは、大体50枚づつぐらいに分けて裁断します。今回は30枚程度なので一気に落しましょう。

    ちなみに自分も裁断機PK-513Lを、ヤホーで検索して31000円で買いました。

    あと個人的な情報ですがオイチャンは、 裁断機のゴミ取り用にしていた定規を突っ込んだままで裁断をヤッテしまい 刃がやられました。

    自分のバカさに悲しくて涙もコボレます。

    って上手いこと言ってる場合じゃない!



    裁断後は、スキャン時に紙を2枚送りなどしてジャグらないように紙と紙の間に隙間を作るように 紙をシゴクというのかシャギシャギします。≪たぶん正しい呼び名があるんだと思いますが≫

    お札を広げるときにやるような動作を上下で行って、最初に送るページが若干前に出るような感じにやると なんとなくジャグる率が下がって上手くいく気がします。

    読み取り後半でジャグるとイラッとします。音楽でも聴きながら落ち着いた精神でやるといいでしょう。




  3. スキャンを掛けてPDFにします。




    今回は60ページ30枚程度を一気に掛けます。

    あらかじめドライバやソフトを入れて セッティングしているとドキュメントスキャナーのScanSnap S1500のフタをあけると自動認識して スタンバイになります。

    差し込み方は、FAXと同じで若いページを一番下にして頭から突っ込みます。

    青く光っているボタンを押すとスキャンが始まり、一枚づつ送って読み取っていきます。



    読み取りが終わると、加工の選択にScanSnapのOrganizerをとりあえず選択するとこんな感じでPDF化して取り込んでくれます。

    漫画とかの場合は、とりこんだ画像で直接JPG化した方が早いかもしれませんが、それ以外はいったんPDF化しておいてから変換で 対応が加工しやすいのかなぁ。がファーストインプレッションでした。



    拡大するとこんな感じで、ベタのPDFで集められてサムネイルでとりあえず表示されます。

    今回は一気に取り込みましたが、分割で取り込んだ場合はココからScanSnapのOrganizerビューアーで表示しながら 「編集」-->「ページの挿入」-->「最後に追加」で合体させていきます。




  4. 検索可能なPDFに加工


    おそらく、ココからがScanSnap S1500を欲しくさせる最大の要因になるOCRで文字情報にして検索可能なPDFに再加工します。

    ScanSnapのOrganizerの右端にある「検索可能なPDFに変換」という長いタイトルのボタンで 選んでいるファイルのみか、フォルダにある全部のファイルを加工かを選択します。



    次に処理選択で「テキスト情報の埋め込み範囲」と「マーカー部分の文字列処理」を決定し、

    実行のタイミング「すぐ実行」か「PCのアイドル時間」 かを指定してOKを押すと

    なぜか並列処理されられないみたいだ。なにか別の方法があるのかな?今のところわかんない。



    一枚ずつ文字変換して



    最後に全体で関連付けをしていくので結構な時間が掛かる。【やね】さんも言ってた通り、あえず一気にPDFを作っておいて「検索可能なPDF」に加工するのは休憩や就寝中にまとめてしたほうが効率がいいと思う。



    パッとみたところ7から8割は正確に文字情報化できている気がする。

    これで、デジタル本を持ち運べて横断して検索とかも掛けられるようになって便利。

    あとは、結構な時間を掛けてやる根気。







━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-10-07

SmartQ5は、徳を積まねばアプリが落ちてきません。ってアナウンスすれば世界は美しくなる。一日一善! 2009_10_07_[WED]



2009_10_07_[WED]



【とある界隈--丸見えちゃん】


トアル界隈だけが盛り上がっている
  • 「NetWalker」-->ペケロク、リナザウと続く一般ウケしないであろう シャープらしいUbuntu搭載ARMモバイル端末。

  • 「SmartQ5」-->普通の人には 帯に短し襷に長しなAndroid搭載の コビア改造版大陸機ガジェット。

  • 「mini9」-->即効で生産が打切られたDELLのマニアック仕様に変態的キーボード配列な Atom搭載ミニノート。

  • ハンドヘルドなゲーム機「DS」や「PSP」のトアル界隈のハク等
に関する考察と自分用メモ。



オイチャンのAndroid版『SmartQ5』がMarketからアプリが落せない。 理由は本当に『IMEI』とか個別識号だけの単独か?

確証は全くないけど違う気がどうもする。 結論的には、どうもアプリの最適化問題じゃね?っと思ってるんだけども

でもね、現在のMarket関連アプリにおいてスムーズにアプリ落とせてる人がいるんだったとしたら 日頃の行いのせいか?

老人に席を譲ったりなどし、徳を積まねばMarketからアプリは落ちてきませんシステム。

もちろんリナザウの件があるから代替OSに変えるという事はしないで、 このままAndroid-OSで。

格安の実機としてオモロな『SmartQ5』

事象を捉えながら考察と『SmartQ5』関連 自分用メモ。


---------------


--目次--
  1. Marketアプリでコケてんじゃね?
  2. こんにちわ世界ちゃん!をSQ5から。
-----------------------

  • Marketアプリでコケてんじゃね?



    相変わらず、Marketからアプリをスムーズに落せない。

    Marketからアプリをスムーズに落せない理由のヒトツは『IMEI』とか個別識号だと推察している。

    ただこれが原因のヒトツだとしても、ネットで言われている「オンリー」 のような単純ではなく複合化している可能性があるような気がして仕方がない。

    もちろん確証は無いんだけども。

    Twitterの#android でソース引っ張って来ておられたけども Marketの仕様として デバイスのSIMカード等にある番号を個別認識として見ている。 ≪トレースしてないからそのコードが何をしているか明確には判断できないけども。≫

    ただ現象を作り出している要因のヒトツだとしても それだけが原因の全てなのか?という少数意見に賛同。

    だって今後、出てくるAndroid-OSはみんなユニーク番号を持つ「SIM」や機器のハード識別番号を搭載しないとMarket に出入りできないと言うことになるんじゃね?そんなわけないんでしょ。

    そう、Market関連のクライアントアプリってそれを前提に組んでてそれを改変しないで そのまま流用してるんじゃね?って事。

    イメージ的にはPSP-goが「PSN」やPCでの「Media-Go」などでダウンロード販売するカタチを今後、グーグルもAndroid Marketで、 とるんだろうし、だったら識別可能なハードでなく汎用ハードで「ソフトとGMAILのID」の課金システムですよね。

    つまり、『Marketアプリでコケてんじゃね?』って事。

    従来の携帯末端用のソフトをコビアさんが『SmartQ5』用に改変実装できてないんじゃないか? ハードオンリーとかじゃなくそれらプロトコルを含めて仕様の最適化がアップデートで 上手くいったらDLできるようになるるんじゃね?

    もちろん確証は無いんだけども。とか言っちゃって全く的外れだったりしたら大笑いだからそれはそれでオモロだ。

    確証が無い事を考えるのってオモロイ!

    完全じゃないから色々考えさせてくれるのがホント楽しい。

    まぁ、どっちにしても時間が経てば解明するわけで、原因に関しては判明したときに振り返って 考察すればいいのではないかと。




  • こんにちわ世界ちゃん!をSQ5から。

    今後は、Androidの構造を理解していくために小さなアプリでも作っていく事にした。



    JAVAきらいなんだよな。でも、仕方が無いのでとりあえずAndroidアプリに関する 仕様書に目を通して「こんにちわ世界ちゃん!」からぐだぐだと。

    その前に、telnetからSQ5にコネクトしてSDカードの「hoge」に「/data/app/*.apk」をバックアップのメモ。
    # mkdir /sdcard/hoge
    SDカードに「hoge」
    # cd /data/app
    「/data/app」へ移動
    # su
    上げておく
    # for i in *.apk; do
    > cat $i > /sdcard/hoge/$i
    > done
    cpが使えないのでcatで*.apkをベタ出し。
    # ls /sdcard/hoge
    確認

    あと「/system/app/*.apk」も。

    もちろん仕事でAndroidを扱うわけでもなく≪リアルは、PCとか無縁のガテン派遣だし最終的には農民だしな。≫、

    大前提は『超他力本願』で 他人のアプリを使ってどう自分の環境を整えていくかを考えるべきなんだ。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━



  • 2009-10-06

    SmartQ5は、同一識別番号に数百が群がる斬新なガジェトです。 2009_10_06_[TUE]



    2009_10_06_[TUE]



    【とある界隈--丸見えちゃん】


    トアル界隈だけが盛り上がっている
    • 「NetWalker」-->ペケロク、リナザウと続く一般ウケしないであろう シャープらしいUbuntu搭載ARMモバイル端末。

    • 「SmartQ5」-->普通の人には 帯に短し襷に長しなAndoroid搭載の コビア改造版大陸機ガジェット。

    • 「mini9」-->即効で生産が打切られたDELLのマニアック仕様に変態的キーボード配列な Atom搭載ミニノート。

    • ハンドヘルドなゲーム機「DS」や「PSP」のトアル界隈のハク等
    に関する考察と自分用メモ。



    オイチャンのAndoroid版『SmartQ5』がMarketからアプリが落せない。 理由はホボ特定できた。

    とりあえず、その他は全て順調。野良でもオモロだ。

    むしろ大陸機にありがちな電源周りの接触の悪さや wifi周りの適当さが面白く。

    ただサポートBBSを見ているとこういう怪しげで格安なガジェットの購買に慣れていない人が 沢山いて驚いた。

    大陸機の輸入品のポーティング仕様なんだから初期不良以外コビアさんに多くを求めるのは筋違いと自分は認識している。

    ただコビアさんが、 ちゃんとその事≪実験機として扱える人に向いてます等≫を前面に出さないと 日本国内の分厚い説明書つきに慣れている高度な完成品を当たり前だと思う人には カルチャーショックなんだと思う。

    本当は こういう機器の面白さは「国内はもちろん海外の先達の情報を調べて自分で色々試しながらグリグリやる」って事。 でそれがイヤなら値段が少々張るドコモのアンドロイド機を買わないと自分の欲求に合致はしないのね。と 再認識。

    それら事象を捉えながらコビアの戦略を含めた考察と『SmartQ5』関連 など自分用メモ。


    ---------------


    --目次--
    1. 『SmartQ5』は儲からんハズ
    2. 『SmartQ5』はMarketにツナガラン。
    -----------------------

  • 『SmartQ5』は儲からんハズ



    コビアさん原価をどれだけで仕入れているのかは知らないけど現地で13,000円の定価だとして会員登録数を見たところ 買取ロットは多くて1000とか1500ぐらいでしょ。それで今出してるのが200から300程度と見た。

    8掛けで11,000円、7掛で10,000円。

    それに輸送費、関税や国内仕様用の技適申請費用、パッケージングや検品までの諸経費モロモロ。

    もちろん大陸機のポーティングに掛かる人件費。

    日本国内で日本人技術者をコレ専属に数ヶ月付けただけで利益なんて軽く吹っ飛ぶはず。 ≪おそらく別の業務と平行してチームで行っている。と推察。≫

    ポーティングなのでハードで利益は抜けず、

    数も数百止まりならトントンで御の字、 どれだけ赤を減らせるかが勝負と見ているハズ。

    甘めに見積もっても仕入れ以外でこの規模で事業経費が単独で250万とか超えてきたらキツイはず。

    つまり、コビアさんの戦略としては『SmartQ5』のポーティングは技術蓄積の先行投資としての社内認識であり、

    「SmartQ5は、利益を度外視して次のAndoroid製品開発への布石」と なっていると考察できる。

    そうコビアさんの懐感情を妄想しながらグリグリしていると『SmartQ5』の面白みも増すのだ。




  • 『SmartQ5』はMarketにツナガラン。

    『IMEI』が「012345678901234」で、おそらく同一。



    Marketからアプリをスムーズに落せない理由のヒトツをホボ特定した。ただこれが原因のヒトツだとしても単純ではなく複合化している可能性があるから断定はできないけど。

    海外のNET情報を追っていったらどうやらAndroid Marketの仕様として デバイスのSIMカードにある個別認識を見ているようだ。≪もちろんアップルiPhoneも≫

    電話会社とかモバイルのマーケット業者なんかも個別識別に『IMEI』(端末識別番号)を セキュリティに使っていたり≪ANDOROIDOにしても有料販売するからねGMAILのIDだけじゃまずいらしい。≫

    それが原因のひとつだと仮定すれば 「いくつかの変な現象」が証明できる。

    だって数百の末端が同一番号の電話として販売されている状態だから。

    telnetで繋げて権限をトップにして「# cat /proc/*info」デバイスのインフォメを覗く。

    直接は関係ない『SmartQ5』のハードに関しても固体識別 SMDK6410があり、リビジョンの次に「Serial: 0000000000000000」とある。 個別識号を刻印していない。つまり製造後にS/Nを埋め込むタイプ。 ここから数値も取れない。

    たまにWIN機でもUSB機器にユニーク番号を埋め込んでいなくて2台使えないとか。 で、あとでサポートディスクを送って来るとか「とある界隈」では、よくあるある。のやつだ。

    # /proc/*info
    Processor : ARMv6-compatible processor rev 6 (v6l)
    BogoMIPS : 666.18
    Features : swp half thumb fastmult vfp edsp java
    Hardware        : SMDK6410
    Revision        : 0000
    Serial          : 0000000000000000
    


    ◆『IMEI』が「012345678901234」は?

    AAAAAA/BB/CCCCCC/D

    01/234567/890123/4

    となり、2004年以降、IMEIのフォーマット(14桁とチェックディジット1桁)

    1. AA-->「RBI」 「Reporting Body Identifier」最初の番号でメーカー。

    2. BBBBBB-->「TAC」 「Type Approval Code」機種の番号識別。

    3. CCCCCC--> 「SNR」「Serial Number」個々のユニット識別するためのシリアル番号。

    4. D--> 「CD」「Check Digit」チェックディジット。か、 16桁のIMEISV場合は2桁のソフトウェアのリビジョン。

    もし後から『IMEI』を埋め込むときはコビアから買った人だけに付けないと 規則違反だろうから残念ながら並行輸入の人は、同一番号を何人かで競うか、ハックして自分で『IMEI』を適当に 埋め込む事になるんだろうな。

    でも、そんなもんだろ。面白いな。オイチャン的は当分、野良でグリグリ。

    コビアさんも、はじめに 「マーケット接続はベータ版であり、正式にはサポート等はいたしません」 と了承をとって販売しないと。どうせ販売数はそれほど変わらないはずだし。

    telnetって何?っていう人は少なくとも 買わないからサポートのリスクも減るのに。



    ━━━━━━━━━━━━━━━━━



  • 2009-10-02

    冬に充電式カイロとしても利用可能なSmartQ5 2009_10_02_[FRI]



    2009_10_02_[FRI]



    【とある界隈--丸見えちゃん】


    トアル界隈だけが盛り上がっている
    • 「NetWalker」-->ペケロク、リナザウと続く一般ウケしないであろう シャープらしいUbuntu搭載ARMモバイル端末。

    • 「SmartQ5」-->普通の人には 帯に短し襷に長しなAndoroid搭載の コビア改造版大陸機ガジェット。

    • 「mini9」-->即効で生産が打切られたDELLのマニアック仕様に変態的キーボード配列な Atom搭載ミニノート。

    • ハンドヘルドなゲーム機「DS」や「PSP」のトアル界隈のハク等
    に関する考察と自分用メモ。



    オイチャンの『SmartQ5』が北ので。

    とりあえず、最初のセッティングと

    今後どういう方針でグリグリしていくか?

    など自分用メモ。


    ---------------


    --目次--
    1. 冬はカイロとしても利用可
    2. これから方針(01)「Andoroid-OS1本」
    3. これから方針(02)「極力他力本願」
    4. これから方針(03)「購入層別考察」
    -----------------------

    1. 冬はカイロとしても利用可



      ◆まず充電≪デフォ70パーセント≫-->過充電防止で切れる。 ≪初めはバッテリー表示も不安定だが使い始めると、SmartQ5のポッカポカ度と共に安定する≫

      ◆ボタン-->
      • [<>]-->電源ボタン
        ≪短押しでON≫≪長押しでOFF≫
      • [-]-->マイナスボタン
        ≪短押しでホーム画面≫≪長押しでAPスイッチ≫
      • [+]-->プラスボタン
        ≪前画面に戻る≫
      • [□]-->メニューボタン
        ≪短押しでメニュー≫≪長押しで画面回転≫


      ◆起動-->電源ボタン-->LED点灯≪緑≫

      ◆初期ロット-->
      • モデル
        ≪cvkk_smdk6410≫
      • FW
        ≪1.5≫
      • BB
        ≪SimulatedCommands≫
      • カーネル
        ≪2.6.24.7 JC@coventive CV_0922203-SQ≫
      • ビルド
        ≪cvkk_smdk6410-eng 1.5 CUPCAKE eng.coventive.20090913.113654test-keys≫


      ◆FWアップデート-->
      1. 1GB以上のSDカード≪FAT32≫
      2. 専用フォーラム
      3. FWをDL≪SmartQ5-Android-20091001.zip≫
      4. SmartQ5をSD,MD5 ≪79A02DD9E9981DC9C37080D4F02F620F≫
      5. ACアダプタ抜く
      6. 電源OFF≪電源ボタン長押≫
      7. ACアダプタ接続≪[+]プラスボタンを押しながらACアダプターのプラグを差し込む≫
      8. LEDランプ黄色≪LEDランプが黄色に点灯(約2秒で点灯)したら[+]プラスボタンから指を離す≫
      9. LEDが赤色≪LEDが赤色で点灯し、メッセージ≫
      10. メッセージ≪Firmware upgrade Program  Press '+' to keep system setting, or press '-'.≫
      11. FWアップデート≪[-]マイナスボタンを押すとアップデート開始≫
      12. 完了≪メッセージ後、Androidがブート≫


      ◆FWアップデート後-->
      • モデル
        ≪cvkk_smdk6410≫
      • FW
        ≪1.5≫
      • BB
        ≪SimulatedCommands≫
      • カーネル
        ≪2.6.24.7 JC@coventive CV_0922205-SQ-rc1≫
      • ビルド
        ≪cvkk_smdk6410-eng 1.5 CUPCAKE eng.coventive.20091001.123403test-keys≫


      ◆タッチパネル補正-->
      1. [□]メニューボタン長押しで横画面
      2. キャリブレーション
      3. これで初コケしタップに反応しなくなりレンガ ≪現状、おそらくタッチパネル関連はハードリセットで戻せる設定やモードとかが無いので死んだら逃げ道なし。復帰はリストアのみ≫
      4. リセット
      5. リストアで元に戻す


      ◆WiFi設定-->ソフトキーボードをタップ≪WPA≫-->手動でPW-->スリープで切断なし設定に。

      ◆マルチメディアとか-->動画、音声は重いものでなければ。youtubeも。Google-MAPとか あらかじめセットされているアプリは動いた。

      ◆デバッグ-->
      • Telnet
        PWなしで可能。
      • wi-fiごし
        安藤恐竜さんがやってた ADB(Android Debug Bridge)を使うやり方で可能 ≪Eclipseだけじゃなくて、adb shellも≫。
      • USB直結
        開発中との事。
      # ls
      cache
      sqlite_stmt_journals
      sdcard
      etc
      sbin
      dev
      init.rc
      proc
      sys
      init.smdk6410.rc
      default.prop
      system
      init
      data
      

      # df
      /system: 121971K total, 66708K used, 55263K available (block size 1024)
      /data: 616104K total, 57244K used, 558860K available (block size 4096)


      # /proc/*info
      Processor : ARMv6-compatible processor rev 6 (v6l)
      BogoMIPS : 666.18
      Features : swp half thumb fastmult vfp edsp java
      CPU implementer : 0x41
      CPU architecture: 7
      CPU variant     : 0x0
      CPU part        : 0xb76
      CPU revision    : 6
      Cache type      : write-back
      Cache clean     : cp15 c7 ops
      Cache lockdown  : format C
      Cache format    : Harvard
      I size          : 16384
      I assoc         : 4
      I line length   : 32
      I sets          : 128
      D size          : 16384
      D assoc         : 4
      D line length   : 32
      D sets          : 128
      
      Hardware        : SMDK6410
      Revision        : 0000
      Serial          : 0000000000000000
      MemTotal:       103700 kB
      MemFree:          1672 kB
      Buffers:          3700 kB
      Cached:          38504 kB
      SwapCached:       5904 kB
      Active:          77436 kB
      Inactive:        13436 kB
      SwapTotal:      125992 kB
      SwapFree:       115652 kB
      Dirty:               0 kB
      Writeback:           0 kB
      AnonPages:       47968 kB
      Mapped:          28848 kB
      Slab:             2848 kB
      SReclaimable:      968 kB
      SUnreclaim:       1880 kB
      PageTables:       3008 kB
      NFS_Unstable:        0 kB
      Bounce:              0 kB
      CommitLimit:    177840 kB
      Committed_AS:   881992 kB
      VmallocTotal:   409600 kB
      VmallocUsed:     32092 kB
      VmallocChunk:   351228 kB
      Page block order: 11
      Pages per block:  2048
      


      ◆マーケット-->繋がるけども遅すぎ。

      というかおかしくない?

      マーケットって、こんな感じなのか「Android Market」を使ったことが無いからわからないけども。 全くスピードが出てないというか落ちてこない。理由は不明。自分だけがコケてるのかも不明。


    2. これから方針(01)「Andoroid-OS1本」



      -->リナザウ時に学んだ事のヒトツに、スペックが脆弱なガジェットは代替OSに振り回されるよりも (A)ライフスタイルにあった仕様用途を見極めたうえで、利用快適度を工夫する思索を第一義とするべき

      結局、リナザウの時は
      基本OS-->代替OS-01-->代替OS-02--デュアル(基本OS||代替OS-01)-->基本OS

      という色々試した結果どれも一長一短でどっちつかずで最後はデフォのOSに戻ってしまった。

      でもコレは、オイチャンだけでなく関連ブログなんかを読むと似たような人が多くいて確信した。

      つまり--> 今回の『SmartQ5』も代替OSをどうこうするよりも『Andoroid OS』で 理想環境を「どう実現可能か?」を一義として試していく方針でグリグリ。


    3. これから方針(02)「極力他力本願」



      -->嵌って2日も3日もグルグル回ってなど、無駄な時間を浪費する自己解決をしようとせず、 清く『他力本願』を貫き他人の情報やツールを極力利用する。

      どうしても検索等で情報やツールが見つからないときだけ自作するなど 「自分は、開発者ではなく利用者である」という方針の徹底。

      へんに色気づかない。


    4. これから方針(03)「購入層別考察」



      1. -->目的を明確化して≪動画再生や音楽プレーヤーとして利用など≫

      2. -->利用方法を考察し≪アプリなどのソフトウエアか、素材の最適化かなど≫

      3. -->最善値に近づける。 ≪曲数が制限される容量の増減に気を配りプログラム関連や事務処理アプリを必要最小限の構成にするなど≫


      また、上記の方法論をもって次のライフスタイル 『3つの購入階層』別に考察する。 ユーザーにとっての位置付け方針を明確にして構成を組み込む
      (A)「イノベーター」-->全体の2.5%

      (B)「アダプター」-->全体の13.5%

      (C)「マジョリティ」-->全体の68.0%







    ━━━━━━━━━━━━━━━━━