※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2009-06-22

不動産業界を就職先に考えている学生さんに 【3つのリアルなアドバイス】 2009_06_22_[MON]



2009_06_22_[MON]



この季節、大学生は就職活動も熱がこもる。

小汚いオイチャンの作業服と対照的な 真新しいスーツに身を包んだ学生さんを見かけると「あーそんな季節なんだなぁ」と。 頑張って!と思わず心で呟く。

ただ残念な事に、社会人になってから『ああっ。そうだったんだ。』 と気付く事もあり「あー、あの時こんな事がわかってたらなぁ」とか。 懐かしい。

オイチャンみたいに肥溜めで暮らす悲惨な現状にならない為に

不動産業界を就職先に考えている学生さんに 【アドバイス】を 贈るとしたらなんだろう? 


------------------------------


不動産業界へ就職したあとで沢山気付く事のうち

たまたま、ココを訪れた その業界を就職先に考えている学生さんたちにオイチャンの経験則で得た 【3つのリアルなアドバイス】 を贈るとしたら?それは、
  1. 【マネジメント部が優秀で尚且つ自分に合うか】
  2. 【中小より大手を業態大手じゃなく業界大手を優先】
  3. 【就職前に車の運転技術を向上せよ】

かなぁ?

3つ目以外は、 何、当たり前の事言ってるんだ?

だろうけどもコノ教訓は経験則なんだよね。

---------------

◆まず、マネジメント部が優秀で尚且つ自分に合うか。

といっても説明会で顔を合わすのは人事や総務でマネジメント部がどうだとか わかりにくいとは思うけども会社をヨク比較観察してるとなんとなくわかると思う。

ザックリというなら『腰を落ち着けて力を付けたい』なら堅実な経営をしている 企業が良いだろうし、

『短期間でノウハウを吸収してステップアップしていきたい』なら規模拡張を取っていく 企業にする方が良いという事。

つまり企業側のテクニカルなナンチャラとかじゃなくて、 自分がどこに向かって進んで行きたいのかを決めた上で、その企業のマネジメント部の方向性と刷り合せてみる。という事。

できるだけ自分の方向性と合うとこを探しましょう。

---------------

◆『堅実な経営』と『規模拡張』

もちろんそれぞれにメリットとデメリットはあって『堅実な経営』とは言い換えればダイナミックさはないので不動産業だけど 公務員みたいなルーチン作業が多くなるし、修羅場もあまり経験できないからスキルが短期間で伸びる事がなかったり。

また 『堅実な経営』をうたっている地場の不動産屋で実は単なる経営者一族の資産管理会社とかの場合もあるから、 そりゃそうだろな。とかもあるからヨク観察しよう。

『規模拡張』を取っている企業でよく「新人にもどんどん任せていきます」っていうフレーズは逆に言うと 『任せられる人材不足』なわけでガッチリとした基礎は身に付かないけども場数は増えるので全体像を早く掴む事ができる。

ただ 基礎がないヤツが場数だけで成長すると変な成功体験が逆に他人の意見を消化出来ない営業マンにしてしまったりとかあるから 一長一短なんだけどね。

『規模拡張』社長の特徴として掛け声だけは理想を語るのに周り皆イエスマンで固められていて風通しが悪く、経営自体がアバウトで雑い場合も多いから。

ヨク見極めて。

---------------

◆『人間関係』と『気持ちの持ち方』

大手以外の中堅や地場の不動産屋は、本当に癖のある人も多いから 入ってから濃い人間関係に慣れてないヒトなんかは「ウワぁーーー。」ってなっちゃう事もあるかもしれないけど、

それは 君だけじゃなくて多くのヒトがそうなるから 初めは自分の選択の失敗にヘコむだろうけど気にする必要はないんだよ。

そういう場合は、 この会社は、自分のステップアップのためのお金をもらいながら通える【基礎力養成機関】 と割切った方が辛い事にも耐えられると思うよ。試してみて。

それと就職前に【宅建】を持ってないヒトは必ず1年か2年で取る事。 経験を積んで最低でも大手の販売会社に入るとか考えた場合に免許は必須だから。

あと就職するまで時間があるヒトは【簿記3級】くらいは入社前に取って置いた方がいいよ。 資格がどうこうじゃなくてその程度の知識は必須だから。

---------------

◆業態大手じゃなく業界大手を優先。

不動産は地場の零細企業も沢山あるけど、 初任給だけが高い事もあるから騙されるな。 たいてい社員の定着率も悪い場合が多くそういう設定な場合が多いだけだから。

絶対に初任給の高さだけで不動産屋は選んではいけないの。

それよりもっと問題なのが、どのような業態をメインにしていようが 地場の業界中堅以下に入ると『不動産営業マンや社会人としてのスキルがあがらない』可能性があるのだ。

不動産営業マンとしてのスキルが停滞する理由はある一定の時期が過ぎると小さいトコは頭を使わない 『小さい草刈場で、小さなルーチンの繰り返し。』 という状況から抜け出せなくなる事と、≪この事のデメリットをイメージしにくいだろうが。≫

社会人としてのスキルに関しては、 大手に比べてOJTが充実していないのでその会社でしか通用しない ローカルルールの中で社会人の基礎がないまま育ってしまうから。

だから、中堅以下の「実践で教育する」とか言ってる会社に入った場合は、 他人がどうであれ不動産業界で続けてくのなら自主的にそういう書籍を読むとか勉強した方がいいよ。

わかりやすい例としては賃貸やマンション仲介でみかけるイイ歳してアホのホストみたいなスーツ着たヤツとかな。 社会人の基礎訓練うけてないから電話の応対がイイ歳して雑なヤツとか。 ああいうのを不動産営業マンと呼んで良いのか迷うよね。

そういう環境で長年いると 本人は井の中の蛙である事を気付かないから再就職の時に苦労するのだ。

いやマジで。

自分の親父がそこの会社の社長だとか、 そこで一生過ごす覚悟があるなら良いけども。

あとはね。この業界に入ったら横の繋がりが緊密になるから同じ業態、同じテリトリーで再就職を考える場合は 辞める時も不義理にならないように計画的に 退社をしよう。

---------------

◆最後に不動産マンで【新人】が一番大切な事。

それはね。

【車の運転技術】だから。

なにそれ?でしょ。

就職のガイドブックには載ってないしね。

不動産業界を希望している大学生で【車の運転技術】に自信のない人は、昼間だけでなく 夜に地図を持ってドライブしてみたり、雨の日をあえて選んで遠出する。 小さいスペースに一発で縦列駐車できるよう訓練 したりをしてた方がいいよ。

これも入ってみなきゃわからんのよ。

不動産屋で長く飯を食ってる優秀な先輩営業マンは、例外なく皆、車の運転が上手いから。

入ってからじゃないとわからんのだけど、本当にえげつないトコロに上手く駐車したりしないといけなかったり 色んな他人の車も運転する機会も多いのよ。

先輩のフォローで建売りの現場に入ったりしたら4トンのトラックで ゴミ捨てに行ったりとかね。

もちろん『トラックなんて運転したことないから無理です』とか拒否する事もできるだろうけど、 そいう態度だと先輩に色んな事を教えてもらったりとか、かわいがってはもらえないよね。

「えっ、ここマジで入っていくの?つーか出るとき切り返せる?」とかね。 結局、出るときバックで10メートルとか。ガリガリガリとか。

けっこう日常茶飯事だから。不動産業界の長いヒトに聞いたらわかるよ。車関係で色んなオモロ話持ってるヒト多いから。

---------------

◆『地図読み運転』と『方向音痴』

不動産業界で就職を希望している学生さんで 【車の運転技術】が【初心者マーク】から抜け出せてないヒトは 今のうちに市販の地図を見ながら目的地へ辿りつく訓練しておこう。

専用の住宅地図やブルーマップでやる必要はないけども就職を考えている地域があるならその地域の大きな建築物や住宅街を中心に名跡、地名を覚えながら訓練した方がいいね。

特性が見えてくるし、地図が頭でなく体に入ると方向音痴も自然に解消されるからね。

お客を乗せて案内するのはもちろんだけど【新人】のうちは商品の特性を掴む為の物調、物確ね。 どれだけ数をこなせるか。という勝負みたいなとこがあるからカーナビ無しで目的地まで行く力を含めた 【車の運転技術】は大切。

これも意外だろうけど【方向音痴】って訓練で直るから。というか本当は【地図が読めない】とか 【方向音痴】っていうのはね、そういう訓練をしてないからそう思い込んでるだけなの。地図読みの書籍も沢山あるし、だから適切な訓練すれば大丈夫。

どんな業界でもそうなんだろうけど、 プロの世界って入ってみなきゃわからん事って多いね。

---------------



暑くて大変だろうけど就職活動ガンバレ!



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-06-20

時代はCHA-CHA 2009_06_20_[SAT]



2009_06_20_[SAT]



時代はチャチャ。

夏に向けて振り付きで完璧に覚えて

ヤツらの腹筋を笑いで切り裂いてやろうと思う。


------------------------------


オイチャンは坊主でスモーク眼鏡が定番。

演芸好きツレがオイチャンの風貌を、

「3代目の神田山陽師を数倍いかつくして下品にした感じ」と言うネタで 笑いを取ってた。



その風貌の喩えが皆から笑いを取る。

つまり、周辺的にはオイチャンの風貌が「山陽師を数倍いかつくして下品」が

【ズバリでなくとも遠からず。】

という事なのだろう。

この【イカツく下品な山陽師】というオイチャンに対するスタンダードな認識は喜んでいいんだよな?

オイチャンは3代目の神田山陽師が出してるCDを全部持ってるし、生でも2度ほど聞いた事がある。

その時は 創作講談だったが本当に面白くて世間的にはこれからの講談界を担っていくヒトリとされている 凄い講釈師。

つまり、オイチャンの隠しても隠し切れないほどの才気がこの薄汚れた作業着から自然に滲み出てしまっているって事?

---------------

◆関西DNAのオイチャンは当然、

「えっ?神田山陽師って?またまたご冗談を。」

「オイチャンのイメージ的には、坊主グラサンのKinKi Kids【堂本光一】なのだが?」

「堂本光一とオイチャンってクリソツじゃね?」


と言いながら、フライングな手を広げてアイドルがしそうなターンを30も半ばを超えたオイチャンがヨロつきながらみせる。 というベタベタな「返し」をしたら再び皆から笑いが生まれる。



残念だが確かに画像を並べてみると、 光一くんマジ色男だ。

そしてオイチャンを温和で上品にした感じの山陽師と光一くんはクリソツではない事もわかる。

現実とはシビアだ。

---------------

◆山陽師とのクリソツは。

アイドルはアイドルでもキンキ【光一】でなくチャチャ【桃太郎】のほうだ。 アイドルはアイドルでも似てるようで微妙に違う。



ズーム。



そして本物の山陽師。



という事は、三段論法的に「桃太郎さんをイカツクして下品」にしてもオイチャンになるという事か?

よし。それなら急いでチャチャの歌を覚えて披露しなくては。

待ってろよ!みんな!

たとえどんな悲しい事があっても一瞬だけはオレが全身全霊のCHA-CHAで肥溜めを笑顔満タンにしてやるからな。

一度落ちたら這い上がれない肥溜め。 蠢く小さなオレラ。

光を捉える器官は退化し蝋の羽も持たぬ蟲。

夏はもうすぐ。

---------------



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-06-14

逆張りな人生 2009_06_14_[SUN]



2009_06_14_[SUN]



日経が1万円台を回復した。


------------------------------


珈琲飲む。うまい。

オイチャンが株を始めたら景気が傾き、

貯金全額、保険全解約で数百万マジ全弾撃ち尽くし。

決戦此処にアリ。ピーピピピーピーー。トラトラトラ阪神。

玉砕。玉砕。負けまくり。

弾が尽きサブプライムで終戦サヨナラ。

---------------

◆そしてオイチャンが火達磨になり株を止めたら

半期プラスαで反転。日経が1万円台を回復。

「どうこれ?この美しき形式美」

日本の皆様の為にオイチャンは株を一生止めるべきだな。

---------------

◆恥ずかしながら、オイチャンは今日も生きておりますよ。

今日もコーヒーがウマイね。イエーーイ。

世界は今日も光り輝いているかい?

自分の事やのになんかマジで笑えるわ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-06-10

蟻より少しばかり早く死んでいくキリギリスな人生 2009_06_10_[WED]



2009_06_10_[WED]



リアル社会の現場で賃金等の「現状待遇の不満」と「昔自慢」をするヒトがいる。

こないだも休憩時間に周りに「絶対的真実が自らにある」といった笑いに昇華しないグダを巻いていた。


------------------------------


というか本音はリスク取ってないから。

仕方ないんだよね。

まぁ、家族があったり子供がいたりと背負うモノがあるってのはわかるけど自由主義の中において リスクとの交換をしないで富や益を相対的に高めようという思想にまず矛盾がある からなぁ。

と思いながらも「オッサンの笑いに昇華しないグダ」を若年者が心の安定のためにする自傷行為を見るが如く

一切反論もせず聞いてた。

---------------

◆心の中で、

「でもアンゴラに住んでる人に比べたら恵まれてるぜ?」

ってオイチャンが言うと、おそらく「それは日本と違う」って キットそういう事を吐露するタイプの人間は言うだろうけど、

もうそれ自体が絶対的価値の中に自分を置いているのではなくて 「自分を相対化している」証明なんだよね。

まぁ、そういう人はこの話のパンチラインさえ気づかないだろうけども。 声には出さず心で思ってた。

---------------

◆富の再分配の社会的責任については、ちょっと今回は脇においておくとして。

オイチャンの言う「仕方ない」は【敗北主義】の思考とかとは違って、 革命的手段を取らずとも この環境においては様々なリスク要因を受容する事で勝者ともなれる可能性があるって意味ね。

結果的には自分が設定した環境において相対的に他よりも多くの富を得る。 というのは時間や物質的なリスクを取らないといけないわけで、 そのリスクを取らないっていう事は富の可能性を放棄している事なわけだから。

そう、まさしく相対的な下層階級であるオイチャン達のように。

暗い暗い地下で蠢く虫のようにな。

---------------

◆もちろん、【グダ巻きオッサン】だって40才も後半だろうけど、

そんなに金が欲しいなら今からでもリスクを取れば大いなる富が 手に入る事だって大いにあるだろうし。

当然、こんな処でオイチャンたちにグダを巻くんじゃなくて 【リスクを伴った行動】が大前提だけども。

それを放棄しているわけだ。

彼の「現状待遇の不満」と「昔自慢」とは答えを求めているわけではなく 「精神の安定の為の吐露という自助作用」の行為だと知っているから 声に出して反論しないけども。

自分で環境を設定してしまう我々は、いつも「かごの鳥」だ。 鎖で繋がれた自分しか描けない「象」ではないんだよ。

錯覚している「かごの鳥」なんだよ。

---------------

◆消費と投資にある原因と結果。

オイチャンたちが子供の頃、漫画を読んだり、TVを見るという欲求の時間的【消費行動】をしてい間に 【能力を高める】という【投資行動】をしていた層は

現在、おそらく【消費行動】優先だったオイチャンたちより多くの富を得ているパーセンテージは高くなっているように ≪具体的なデータは無いけど、常識的に考えて≫ リスクと欲求とのバランスをどう取っていくのか。って事なんだよね。

今だって現在進行形でそう。

---------------

◆【グダ巻きオッサン】が酒飲んでグダって『消費行動』してる間に

40歳後半になっても新しい知識を入れるために 学習して『投資行動』したり、小遣いを少しでも稼ぐために仕事が終わって疲れた体を引っ張りながら 夜中のファミレスでアルバイトして『生産行動』してたりしてるヒトいるぜ?

30代後半、オイチャンが鼻糞穿りながら好きな読書をしている時間に別空間では同世代のヤツは何してる?

胃をギリギリさせながら夜遅くまで残業し帰って寝るだけというリスクを 負いながら前進しているヤツもいるわけで

オイチャン達が「低賃金で下層」なのは、「不運じゃなく選択の結果」なんだよ。

ただ【グダ巻きオッサン】がその構造に気付かなかっただけで。

そして、今後もリスクをどうやって取るのかっていうフレームを構築する事さえできずにグダで精神安定。

---------------

◆改めて自分で振り返って創造する事もなくリスクも持たずに相対的な豊かさダケを求める滑稽さは 陳腐だなぁ。

声に出しては言わないけども。

言われたことを言われた程度に「責任無くコナス」という 「単なる規格化されたルーチンの労働力」と引換えな「読書や趣味の時間」なわけだから。

オイチャンも【グダ巻きオッサン】も両方笑えるわ。

期待するリターンに対してのリスクとって無いんだよ。 結局は原因があって結果なんだよね。

で現在において、オイチャン達は認識があるにしろ無意識にしろ 望む利益に見合うリスクは取らないって態度なわけだから現状は「仕方ない」んだよね。

俺達は「ネジ」なんだよ。

---------------

◆たださ。オチじゃないけども。

生まれ持っての資産家で無い限り多少の差はあっても、

『人生のリスクとリターンに関する法則』は似たようなもんだよね。ホント、おもしろい。

死と同じで、そこは平等なんだよね。

確かに集団の中で生活する私たち人間にとって相対的な優位性っていうのは 欲求階層のレベルを高次元化し心を豊かにするからあるに越したことは無いけども。

でもね、どうせみんな地球規模で考えたら、ほぼ誤差なしで肉体は消滅するわけだから。 限られた時間の中でリターンに対しリスクをどう考えポートフォリオするかはホントヒトそれぞれ。

個人的には好きなバイオリンを弾き続けて少しばかり蟻より早く死んでいくキリギリスな人生もアリだと思うけどね。

声に出して言わないけどさ。

---------------

さぁ、オッサン。休憩時間は終わるよ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-06-04

雨のときにウンコを踏む。 2009_06_04_[THU]



2009_06_04_[THU]



歩きながら真面目な話をしている最中にウンコを踏んだ。

小石でウンコを取りながら、自分の人生ってこういうパターンが多い事に気付く。


-------------------------------------------------


いつもこんな事ばかりだ。株で勝負をかけたらサブプライムとか、もう慣れたし驚きもしないけど。 あはは。笑える。

もうね、人生のパターンは読めたんだな。

よし神様もう腹括ったから、もっとコボケの艱難辛苦ドンドンコイや。ガンガン踏んでやるから。どうせ、地球の規模でマクロ化したら誤差にもナラネー期間でみんな死ぬんだからさ。

来いや、オラ。

マジ、とれねーし。

雨の日に限ってウンコを踏む人生。糞。
どんな神を信じていようがいまいが、30代半ばを経過し失うものが少ないヤツはウンコを踏んだくらいで山中鹿之助か無敵DQNになりやすい。


雨の時のウンコ。

太陽が湿ったウンコから水分を蒸発させてウンコは固まる。

ウンコは ウンコたる状態から解脱させた。

雨の日、ウンコは本来のウンコの状態になる。

粘着力が復活し靴のギザギザにこびり付く。

果たしてウンコは、元に戻れて喜んでいるのか。

それとも悲しんでいるのか。

ウンコはギザギザで佇む。

雨の時のウンコ。
雨の日は、平成のアラフォーDQNことブルーワーカー幸盛を詩人にもするのだ。






━━━━━━━━━━━━━━━━━



2009-06-01

Metropolis Podcast #20090528 -- チャラとチャリ。 2009_06_01_[MON]



2009_06_01_[MON]

英語圏のガイジンさん向けに日本の情報を発信しているネットのブログやNEWS、ポッドキャスト等々は結構ある。

この情報を特に海外に対して何の憧れもない普通のオイチャンたち日本人が見て聞いて面白いと感じるのは、 日本を通しての【ガイジン】さんのモノの見方が伺える事。

ルイス・フロイスが描く日本のように【ガイジン】さんの目から見た日本は、 いつの時代も【異文化圏フィルター】により万華鏡のように偏光し、 オイチャンたち日本人から見ると新しい気付きがあってオモロだ。


トキョウ情報を発信しているネットの番組。 コンギーの【トキョウ・メッドポッド】

ホストは、 『今日もエエ声なんやで~』でお馴染みのカマサミさん。


-----------------------

この日[Thursday 28th May, 2009]版は、 日本のカルチャーに関連した話題が出ていた。東京のパーティー情報よりもオイチャンにとってはこっちの方がいつも興味深い。

--------アメリカ人女性プロ雀士

最初は、アメリカ人女性で日本のプロ麻雀連盟に所属している【ジェン】さんについて。 麻雀の説明とか、料金とか、 彼女が勤めてる『フェアリー八王子店』とか。『日本を継ぐ異邦人』の サブカルバージョン的なノリも面白い。 Beating them at their own game


--------「ワン、ツー、スリー!」

新宿ルミネの【世界のナベアツ】さんについて。ジャリズムは知らないみたいだけども、あの芸を英語で「ワン、ツー、スリー!」って説明していた。 外国人に日本の芸を説明する英語は、訳者が独自解釈して表現するから聞いていると大抵面白い。


--------カタカナ英語

今回、一番笑ったのが【和製英語】について。pseudo-eigo. いわゆる『ジャパニッシュ』創作英語。

【カマサミ】さんのリアクションがメッチャ面白くて飲んでたコーヒーを噴出しそうになりました。 【カマサミ】さんが完璧ではなくある程度、日本語を理解できる程度の外国人だから余計にその反応がメチャクチャ面白い。 必見。-->「MP3ダウンロード」

最初が【グランドホステス】≪空港でチェックインカウンターにいる係員≫に対して、 【カマサミ】さん『grand? ground?』で、結局は『サテンの店員?』みたいな。

カウンターにいる係員だとわかった【カマサミ】さん。『男だったらグランドホストって言うのかい?』
--------
次が【チャラリーマン】≪仕事が適当で服装が派手め。軽いチャラチャラした感じのサラリーマン。≫に対して、

【カマサミ】さん『え?何?もう一回言って』でレポーターが「チャラ・リーマン」と繰り返すと

【カマサミ】さん『チャ・ラ・リーマン? お茶?(something to do the TEA?)』。レポーターに冷たく「NO」。

少しやり取りがあって『ひょっとしてサラリーマンじゃね?』って 気付いた【カマサミ】さん。「正解!」とレポーター。オイチャンも心で思わず≪近付いたで!≫と。

で、【カマサミ】さん『チャリ?って、ママチャリ?』。オイチャン心の中で≪おしい。チャリじゃなくチャラ。≫っておもっていたらレポーターが 「Exactly! that' right!」「そうそう自転車ね。」って

オイチャン、≪えぇぇーーーーーーえええ!

【チャラリーマン】を【チャリリーマン】として認識した【カマサミ】さん。『女だったら?』という問いにレポーターが「チャラウーマーン?」

確かにアメージング。面白い。その後は【恋愛テク】。




そのほかにも【点滴10】とか色んな外国人目線の日本の話題はMetropolis Magazineでどうぞ。



━━━━━━━━━━━━━━━━━