※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2009-03-15

イーマJ4514ビスタ機をXPに(01), まずはXPのインストじゃ。 , 2009_03_15_[SUN], eMachines J4514. (01)VISTA->XP



2009_03_15_[SUN]

Windows7の2010年正式リリースが決定しVISTAが事実上、中継ぎピッチャーとしてMEに次ぐM$の黒歴史として葬り去られる様相が強くなりました。

そこで家で唯一のVISTAマシンであるeMachines J4514もXPにダウングレードして現在ローカルサーバとして 利用している2世代前のWIN-PCと選手交代し再利用する事にしたので備忘録として何回かに分けてメモを残す。



『リナザウを崇めよ!』『リナザウは神聖なり!』リナザウ教信者よ。お元気か?
『リナザウは神聖なり!』リナザウ教の神父さん!こんにちわ!


おおっ、こんにちわ。サーシャ。今宵は家で利用しておるローカルサーバを現在サブのクライアントなVISTAマシンをXPにダウングレードして入れ替えるのじゃ。

とりあえず現在の環境と同じこんな感じにするのじゃ。



それほど複雑では無いが録画サーバーとしての機能を持たすとデバイスの関係でどうしてもLINUXでは運用しずらいのじゃ。
神父様はWindowsを邪教と言いながらM$製のOSをなんだかんだ言いながら使っておられますよね。別に良いのですが。

あと、図では外部に出るときはVNCをVPNに乗せるようになってますけどリナザウはインターネット越しでもVNCの直でしょ。 格好を付けたいのかは知りませんが嘘はダメですよ。嘘は。 まぁめったにクライアント利用も無いですけども。


今回は邪教M$のVISTAマシンをXPにするまでの工程をおさらいじゃ。
現在使っているPCサバもチップセットトータルで古いですがサウンドボードやグラフィックボードもソコソコのを載せてメモリも2Gまで増量してるので ソコソコ動いてましたけど今回のはドノーマルなJ4514ですから本当に大丈夫なんでしょうか。


サーシャよ。所詮は邪教じゃ、どうなろうとあんずるではない。

まずはJ4514にXPのインストじゃ。
  1. インスト後、スグにネットに繋げるように予めJ4514のネットワークアダプタ≪Marvell Yukon 88E8071 PCI-E Gigabit Ethernet Controller≫のXP用ドライバーをメモリカードに保存しておく。

  2. XP-PROのOEM版をJ4514のCDトレイに入れて電源を入れる。

  3. BOOTメニューで<F10>を押す。

  4. 何でも良いがキーボードにあるキーをヒトツ押す<ANYKEYリターン>

  5. Windowsセットアップに入る。

  6. クリーンインストする為に既存のパーティションを全部削除、全てを未使用領域にしてNTFSでパーティションを再構築。

  7. インストが終了したら先ほどのネットワークアダプタのXP用ドライバーを入れてネットに繋ぐ。

  8. なぜかJ4514のカスタマーサイトにXP用のBIOSのアップデート ≪Foxconn (Bengal) RS780 Motherboard BIOS Update 05/05/2008 7B3P081E≫が上がっていたので実行≪American Megatrends Inc.≫

  9. マザボ≪マザボIDがAMD RD790≫RS780 SERIESのチップセット用のドライバをダウンロードして入れる。≪Integrated ATI Radeon HD3200 graphics (DirectX10) などがインストされるがあとでATI最新版でなければアップデート。≫

  10. サウンドドライバー Realtek High Definition Audio Driver の最新版を入れて音を再生できるようにする。


とりあえず、XPが動くようにはなりましたね。


━━━━━━━━━━━━━━━━━