※ $このブログでの--> { 現代芸能考察について覚書 } [ 2011-03-03 ]

@女芸人売れMG考察 = [ $稲垣早希{吉本}、$鳥居みゆき{サンミュ}、$いとうあさこ{マセキ}、 $おかもとまり{太田}、$イモトアヤコ{ナベ}、 ] [ 2011-02-09 ]

芸能IT政治トつ国下層


2008-07-09

加藤紘一元幹事長は無罪です。I know he is innocent.



2008_07_09_[WED]

残念ながら加藤紘一元幹事長の言説に対して拉致被害者の方々や憤りを感じずにはいられない我々日本国民は 責任を追及することはできないでしょう。

加藤氏「拉致被害者を北朝鮮に返すべきだった」と発言 家族会・救う会が抗議声明



 自民党の加藤紘一元幹事長が拉致被害者5人について「国家と国家の約束だから北朝鮮に返すべきだった」と発言したことをめぐり、拉致被害者家族会(飯塚繁雄代表)と「救う会」(藤野義昭会長)は9日、「拉致被害者や家族の思いや不安をまったく理解しようとしない加藤氏に強い憤りを覚える」と抗議声明を出した。

 加藤氏は7日夜のBS番組で、小泉純一郎首相(当時)が訪朝した平成14年秋、拉致被害者5人が帰国した際、政府が5人を北朝鮮に返さないことを決めたことを「当時官房副長官だった安倍晋三前首相を中心に(拉致被害者を)返すべきでないと決めたことが日朝間で拉致問題を打開できない理由だ。返していれば『じゃあまた来てください』と何度も何度も交流していたと思う。そこが外交感覚の差だ」などと発言。金正日総書記が拉致問題を認め、謝罪したことについても「天皇陛下みたいな人物だ」と述べた。

 「家族会」と「救う会」の抗議声明では「5人が北朝鮮に戻されていれば『自分の意思で戻った』と言わされたあげく『拉致問題は解決済み』という北朝鮮の主張に利用されたであろうことは少しでも外交感覚のある人には明らかだ」と指摘。「不見識極まりない発言だ。加藤氏の精神構造を強く疑わざるを得ない」と批判した。

The Sankei Shimbun : 2008.7.9 14:40≫


そして皆さんは明らかに政治問題化すべきこの常識を逸した加藤紘一元幹事長の言動に対してTV等のマスメディアが沈黙している理由をおわかりになるでしょうか?

そうなんです。法治国家のわが国では加藤紘一元幹事長に、民法713条が適用されるからです。

民法713条

精神上の障害により自己の行為の責任を弁職する能力を欠く状態にある間に他人に損害を加えた者は、その賠償の責任を負わない。ただし、故意又は過失によって一時的にその状態を招いたときは、この限りではない。


根本的な問題は約束したからといって誘拐犯に人質を戻せという加藤紘一元幹事長の言動ではなく、周りの人はこのような彼の言説から明らかに精神障害を持っているのがみてとれるのに≪本人が全く罪の意識を持たない民法713条が適用されるような人間≫国会議員として権力を持ってしまっていることで治療してあげられない悲しさです。

ちょっと題名は忘れましたがショートショートでこんなのありましたね。

オイちゃんが自民党支持者というだけではなく人道的見地からも自民党は加藤先生の処置入院を真剣に考える時期が来ていると思います。



━━━━━━━━━━━━━━━━━



2008-07-01

毎日新聞は【ドリフのバカ兄弟的論調】だからこそ存在価値がある。 Mainichi Daily News WaiWai



2008_07_01_[TUE]

【ドリフで出てくる馬鹿兄が馬鹿弟に諭すような社説論調】で名高い毎日新聞ですが

今、その毎日新聞の英語版waiwaiワイワイだけにとどまらず自ら火に油を注ぎワイワイガヤガヤとなっているようです。

毎日新聞の毎日新聞たるゆえんで【火に油をそそぎ】某掲示板でもすごい勢いで炎上という



おいちゃんはそれなりに英語圏の話題を拾っていたりするからよく英字で書かれた【日本語ブログ】なんかに毎日のワイワイが引用されていたことは知ってました。

ただオイチャン的には、 毎日新聞≪日本語版≫の根本思想にある立場をコロコロ変える風見鶏的社風と反日被害妄想癖は今に始まったことではないし。

それら毎日新聞的気質を土台とした毎日新聞の英字版waiwaiの低俗性なので【ある意味、毎日新聞らしい英語ニュースだなぁー。】といつも眺めていて今更かんがあり

『なぜこれだけ炎上してるのか?』と不思議に思いいろいろ考察していくとどうやら

(1) 毎日新聞が【反ネット社会】的な特集を組んだりして偉そうに上から目線で【ネットでの言葉の暴力を受けた被害者は一生傷がいえることは無い】的な事を書く。

(2) 『あんな酷い記事を配信してる毎日新聞が偉そうにネットでの言葉の暴力を語れるのか?』


という感じのようで。

確かに毎日新聞の記事論調は、 なぜか常に上から目線≪それもシッタカ口調≫で【独特の木鐸者ぶりの記事】を連発する。

だけど【東京新聞】や【毎日新聞】とは【産経】や【朝日】などの左右政治思想を反映させる為の読み物ではなく、その記事に見え隠れする【風見鶏的アザトサや粘着質なキモチ悪さ】が売りのいわば新聞界の月刊アフタヌーンやムー的ポジションの読み物だと思いながらネットで拝読するものじゃないのでしょうか?

今回のことで毎日新聞に理性や倫理観を求めて怒ってる人達に 逆にあえて聞きますが毎日新聞から 【ドリフのバカ兄弟的論調】を無くしたら何が残るのでしょうか?

理性や倫理観を求めて怒ってる人達こそ 毎日新聞を廃刊させようではなく、毎日新聞という新聞が【ドリフのバカ兄弟的論調】を持った日本の新聞であるという正しい事実を国内や海外に広める行動こそが正しいベクトルだと思うのですが。

毎日新聞の馬鹿さを社会に広める事が一部先鋭化し廃刊運動という暗黒面に陥るのはあまり利口だとは思わないなぁ

それって言論の自由を訴訟圧力で封じようとする毎日新聞と同じレベルだし。



━━━━━━━━━━━━━━━━━